事業資金の借り入れをするなら税金の支払いは必須項目!

事業資金の主な借り入れ先には国民生活金融公庫や銀行がある。

利息も安く、安心して借りられる分、審査もしっかりされる。

国民生活金融公庫で大事なポイントは5つ!

★起業する場合、確定申告をして税金を納めているか

まず、この審査で重視されるのは税金の支払いである。

高額収入でなくても、3年間きちんと納めていれば評価される。

サラリーマンなら勤め先がしてくれているだろうがそうでない場合、うやむやにして無申告ではなかろうか。

特に公的な融資というのは税金も納めていない者にはなかなか貸してくれないものである

★自己資金は用意できているか

起業にあたって融資を受けるなら自己資金も必要だ。

公庫では事業計画書の提出もあり自己資金もなくてはならない。

きちんと用意できている証として通帳のコピーの提出もある。なければとりあえず親兄弟に頼むなどして通帳にお金を入れておこう。

足らない分は親や兄弟に借りると言った場合、親や兄弟の事もチェックされる。

★事業計画書は説得に値するか

事業計画書をなめてはいけない。

事業を始める前に既に顧客は何人くらいいるのか(確実に見込めるのか)、開業にあたって必要な資金は適切か、運転資金は適切か、など計画に無理がなければ大丈夫である。

もし疑問を抱かれた場合は担当者が納得できる説明をするか、計画の練り直しをして再提出すればよい。

★保証人が必要な融資の場合、保証人はしっかりした人物か

といっても性格のことではない。

収入や財産状況である。

万が一、本人が返せなくなった場合に肩代わりできるかどうかなので融資額に見合った保証人であれば良いことになる

★税理士との関係

ここは意外と大事である。

起業前に申し込む場合は税理士との付き合いはないことがほとんどだが、起業後に資金の借り入れをいするなら顧問税理士がいたほうが良い。

申告時期だけの付き合いでもかまわないが、融資の際に力になってくれる。

これは実体験なので間違いない。

国民生活金融公庫に顔がききやすい税理士の場合、融資が通りやすいようだ。

難易度が高いなぁと思っているときなど税理士を頼ると良い。

銀行の場合もほとんど同じである。

地域密着の信用金庫などで借りることが多いと思うが、日ごろ定期預金などで取引がある金融機関のほうが良い。

もし取引がなくても、融資申し込みを機に預け替えると良い。

定期預金だけでなく、家賃や光熱費などの引き落とし先をその金融機関に変更すればよい。

これは私が金融機関に申し込んだ際に求められたことである。

融資を受けてきちんと返済が完了できていれば公庫や金融機関の方から追加融資の申し出もある。

これはなんとなく気持ちが良い。

前は自分から頭を下げて貸して下さいとお願いしていたのに、今度は向こうから借りてくださいと頭を下げてくれるのである。

あ~、やっと社会的な信用が得られたような爽快感である。

なので、返済は滞らないよう、しっかり事業に取り組もう。

そして3年間の黒字確定申告で信用はぐっと増し、今後の融資申し込みがぐっと楽になるのである