ローソンに加盟するため日本政策金融公庫から事業資金を借りました

昨年友人とともにコンビニエンスストアを開業しようと考え、先ずはどのチェーンに加盟しようかと考え、各大手コンビニエンスストアチェーンを検討しました。

そのうちでローソンがCタイプ(店舗をローソン本部が準備するタイプ)では一番貰える利益が大きいので、ローソンに決めました。

それから資金について検討始めましたが、私の自宅、土地を担保に開業資金を借りることにしました。

どこから借り入れするか迷ったのですが、ローソン本部から日本政策金融公庫が借りやすく、返済も楽であることをアドバイスされました。

早速、日本政策金融公庫に融資の相談に行きましたが、ローソン本部からの事業計画書や返済計画がありましたので、比較的簡単に融資の話は進みました。

担保の土地に関しても他に抵当になっておりませんでしたので、すぐに融資が決まりました。

開業に必要な資金は加盟金250万円と初回商品代などで50万円位で合計300万円、当面の私と友人の生活費で100万円くらいが必要と考え、融資は500万円となりました。

条件は返済期間が5年、利率が年1.85%でした。

新規開業の国からの融資制度もありましたが、特に該当するものがなく、それらの制度は活用できませんでした。

あとでわかったのですが、個人事業者よりも法人の方が利率が低い様でしたので、法人を設立したからでもよかったかと思いましたが、法人の設立にはまた費用が発生します。

法人の方が税金面で有利であることは感じてましたが、ある程度利益を出してから法人にしようと考えています。

月々の返済は約10万円ですが、今のところ順調に返済できています。

最近気になるのは、マイナス金利になり今の方が利率は低いのかと思っていました。

その為、日本政策金融公庫やほかの銀行の融資担当者に借り換え等について確認しましたが、融資が始まって1年くらいで難しいということと、利率は下がっていないとのことでした。

融資額が大きいので金利がちょっと下がるだけで返済額はかなり変わってきます。

少しでも有利にしたかったのですが、昨年とあまり利率変わりないので借り入れのタイミングはよかったのかと思います。

またこのときいろいろな銀行と話をしましたが、民間の銀行はコンビニエンスストアの事業資金には融資をしないような感じを受けました。

ローソン本部の事業計画の他にもいろいろ返済計画や担保が必要です。

逆にいうと政府系金融機関は融資を受けやすい様です。

政府からの要請だと思いますが、個人事業主にはありがたいです。

早期定年退職して個人事業主になりました

一念発起30年余りの長い間勤めていた会社を早期定年退職することにしました。

勤めていた会社は、農業関連の資材や肥料、農薬などを扱う会社でした。

父はすでに亡くなり、継ぐ家業もありません。

定年まで勤め上げて、嘱託としてしばらくの間、残るという道もあったのですが、それは「しばらく」の間であり、その後のことはわかりません。

幸い、体は丈夫ですし、健康でいられるうちは自分で仕事をしていたいと考えていました。

それならば、「条件の良い早期定年退職をして、上乗せした退職金と金融機関からの融資を受けて、個人事業主として人生の再出発はできないか」と考えるようになりました。

「個人事業主」と言っても、どういう職種の仕事を始めるか。

サラリーマン時代の人脈、保険会社の代理店、宅配牛乳店などいろいろと考えました。

コンビニエンスストアの開業説明会にも足を運びました。

さらに、金融機関から未経験者に融資してもらえるのだろうか、などなど、いろいろなことをサラリーマンを続けながら、できる準備と言うか、知識を蓄えていきました。

その中で、勤務していた会社の取引先が代理店を募集していることを知り、申し込むことにしました。

代理店の話を進めながら、金融機関に出向いて、担当者に話を聞きました。

行政で進めている新規開業の事業主に融資する制度が受けられそうだという話を聞いて、ひとまず安心しました。

行政では、地域産業の振興策として、そういった融資制度があるのだそうです。

年度末で、早期定年退職しました。具体的に準備を進めていこうと思っていたのですが、代理店の開業日程がなかなか決まりませんでした。

そういった具体的な部分が決定しなければ、融資も実行されない訳で、気をもむ日々が続きました。

その間に、事務所で使用するオフィス用の家具、ファックス、金庫などを物色していました。

事業の開始日程などが決定してくると、一気に事業開始に向けて動き始めました。

事務所の賃貸契約も済ませて、機器も設置して、予定していた融資も実行されました。

予定していた開始時期から6か月間ほど経過してしまいましたが、自分が急ぎたくてもどうにもならないところでしたので、しかたがありません。

まずは、社員は私と電話番の女房という体制で開始しました。

収入はサラリーマン時代に比べれば、ずいぶんと少なくなりましたが、安定している所が良いところだと思っています。

今は、この仕事を一生の仕事として続けていこうと思っています。